スポンサーサイト 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

さばの栄養は驚くほど豊富です。 

 
さばは、「青魚の王様」と呼ばれるほど栄養価の高い魚です。
特にDHAやEPAが多く含まれています。

DHAは、脳や神経組織等に必要な栄養素であり、
目の網膜にも含まれています。

DHAをたくさん摂ることによって、脳の活性化や目の働きを
活発にしてくれたりします。

視覚からの情報をスムーズに脳に伝えることができるので、
視力の回復にも役立ちます。


さらに、子供の脳の発達を促進してくれます。

外国の研究者の中には、日本の子どもは魚をよく食べる
(DHAを多く摂取している)ので、学力が高いという事例もあります。

そして、血液中のコレステロールや中性脂肪を低下させてくれ、
血液の流れを良くしてくれます。



EPAは、炎症物質を抑制する働きがあるため、花粉症やアレルギーの
予防・改善に効果があります。

さらに、角質細胞をつなぐ働きがありますので乾燥肌や敏感肌に効き、
美肌効果もあります。


そして、血液中のコレステロールや中性脂肪を低下させて
血液をサラサラにしてくれます。

血液をサラサラにする効果は、EPAだけでなくDHAにもありますね。

コレステロールを下げる働きはDHAのほうが強く、中性脂肪を下げる働きは
EPAのほうが強く、DHAとEPAが互いに協力して心臓疾患や動脈硬化などの
生活習慣病を予防してくれるのです。

DHAやEPAはさばの脂に多く含まれています。
鯖は脂っぽいと言われることが多いのですが、
あの脂肪がとても体に良いのです。


ちなみに、EPAが含まれている量は他の青魚の3倍~4倍もあります。
DHAやEPAを効率良く摂取するには、お刺身や煮物などがお勧めです。

さらに、さばの血合い部分には多くの栄養素が含まれています。
鉄分やビタミンなどで貧血、胃腸疾患などの予防に役立ちます。

特にビタミンB2は、青魚の中でも最も多く含まれていて、
美肌効果や動脈硬化防止などの働きがあります。

カルシウムも多く健康な骨や爪の形成にも役立ちます。


栄養が多いと言われる青魚の中でも、さばは多くの栄養素を含む
とても体に良い魚です。

さばを食べる事によって、生活習慣病をはじめとする様々な病気の予防、
美肌や脳にも効果があります。

さばをたくさん食べましょうね。

スポンサーサイト
月別アーカイブ 
 
当ブログについて 
当ブログでは、産地直送のこだわりグルメ情報をお届けしています。お魚のさばき方、料理方法、調理レシピなど、毎日の生活に役立つ情報も公開していますので、ぜひ参考になさってみてください。
その他お問い合わせやご質問につきましては、下記フォームよりお気軽にご連絡くださいませ。
お問い合わせやご質問はこちらから
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。