スポンサーサイト 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

いくら醤油漬けは無添加が安心・安全・美味しい!自然の味が楽しめます! 

 
いくら醤油漬けを食べるなら無添加が良いですよね。
イクラ醤油漬けに限らず、食べ物なら無添加がお勧めです。

しかし、無添加とはどのようなものを指すかご存知ですか?

無添加とは添加物が入っていないということを指します。

今は添加物についての詳しい規定はありませんが、
天然素材のものだけを使った安全なものということです。


最近、美味しさを追求するあまり化学合成された調味料などが
大量に出回っていますよね。

化学調味料の中には大量に摂取すると毒性や発がん性などの
作用があるものもあります。

また、アレルギー体質の方は特に気にしますよね。
やはり、安心して食べる為にも無添加にはこだわりたいですね。


また、余計なものを使っていないということは
素材の味に自信があるということです。

素材の味を安全にどれだけ引き出すかが重要となります。

ですから、いくら醤油漬けのような食材は、
基本的な味付けは常にシンプルです。

ぜひ一度、無添加の美味しいいくら醤油漬けを味わってはいかがですか?

スポンサーサイト

炙り〆鯖の作り方・調理レシピ 〆鯖をさらに美味しく食べられます。 

 
〆鯖はそのまま食べても十分美味しいですが、
炙ってもおいしいんです。

鯖は皮の下に濃厚な脂の部分があります。

そこで、鯖の皮を炙ることで脂の旨味が程良く溶け出して、
口の中一杯に広がるというわけです。


これは、ぜひやってみるしかありませんね。
ということで、まずは〆鯖の作り方です。

〆鯖を作る為の鯖は新鮮なものでなければなりません。

それは、鯖は特に痛みやすい魚だからです。

そのため、さばをスーパーなどで購入する際は、
身が硬くしまってさらに青光りするくらい光沢のあるものを
選んでください。


次に、さばを三枚におろします。
おろした鯖は食べやすいように骨抜きをして下準備が完了です。

準備ができた鯖は塩を振り水分を抜きます。

水分が抜き終わったら酢で〆ます。
酢でしめる時間によって味が変わるので
お好みの時間で調節してくださいね。

これで、〆鯖は完成します。


出来あがった〆鯖は、串を何本か刺した状態で
皮がある方だけを炙ります。

炙った〆鯖には醤油もいいですがポン酢をかけても
さっぱりして美味しいですよ。

薬味にしょうがやきざみネギ、にんにくなどと一緒に食べても最高です。
是非この機会に試してください。

ちなみに、いい鯖が手に入らないという方はこちら。

大トロのような食感がたまらない逸品です。

下関 みもすそ川別館の粒ウニを超える絶品のうに丼 

 
某テレビ番組で紹介されて一躍有名となった山口県下関市にある

みもすそ川別館では、近海で採れたウニを使用した粒うにを

お客様へのおもてなしとして提供しています。


この下関は荒波で有名ですが、

この荒波で生育したウニは、身も引き締まり一口食べた瞬間に、

その美味しさに驚きと感動を味わうと言います。


しかし、このように激しい荒波によって育てられているウニは、

この下関近海だけではなく、東北地方などの沿岸に見られる三陸海岸でも

寒流と暖流が混じりあう最高の漁場として有名なのです。


というのも、この海峡は寒暖の海流が混ざり合うことで、

様々な動植物プランクトンが生息し最高品質の珪藻類が繁殖しており、

ここに生息している生き物は最良の環境の中で育っています。


そして、なんといってもこの海域で採ることができる

キタムラサキウニとエゾバフンウニの美味しさは、

一度食べると箸が止まらないくらいの旨さなのです。


しかもこの三陸海岸では、このウニを使った贅沢な料理のレシピとして、

少しお酢の効いた白飯に採れたてのウニをぶっかけて食べるウニ丼が有名です。

まさに究極のどんぶりものですね♪
北三陸産 こだわりの粒うに

月別アーカイブ 
 
当ブログについて 
当ブログでは、産地直送のこだわりグルメ情報をお届けしています。お魚のさばき方、料理方法、調理レシピなど、毎日の生活に役立つ情報も公開していますので、ぜひ参考になさってみてください。
その他お問い合わせやご質問につきましては、下記フォームよりお気軽にご連絡くださいませ。
お問い合わせやご質問はこちらから
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。