スポンサーサイト 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

焼きさば明太 丸々と太った真鯖を上手にアレンジ♪ 

 
さばの料理って本当にたくさんあるんですよね。

皆さんがご存知の普通の料理だけでなく、

「え、こんなの入れるの?」

と思わず言いたくなるようなユニークなアイデア料理も数多くあります。


例えば、明太子をかけて一緒に焼く焼きさば明太。

このレシピは、脂の乗ったさばとピリっと辛い明太子の相性がよく、

一口食べるとやみつきになる美味しさです。


また、さばとヨーグルトを一緒に煮込んだ料理もありますね。

ヨーグルトのまろやかな風味が思った以上に合うんです。


でも、1番大切なのは、まずは新鮮な鯖を手に入れなければなりません。

青森県八戸前沖では、脂の乗りがよく身の引き締まった真鯖が

水揚げされることでも有名ですね。

その理由は、夏の間に餌を食べながら北上し、

丸々と太ったさばが産卵のために南下を始める

ちょうどその時期に八戸沖で水揚げされるからです。


特に戻りさばと呼ばれる八戸前沖鯖は、脂肪が多く身も締まり、

風味が格段に違います。


箸で身をほぐした瞬間に、じゅわっと脂が溢れ出すほど、

素材がいいのがわかる食材ですね。

スポンサーサイト

しめさばの美味しい食べ方(紅白なます) 大根とにんじんでもう一品 

 
しめさばって美味しいですよね。

ほどよい塩加減と、酢の酸味が絶妙なバランスで、
ご飯と一緒に食べてもお酒のつまみにしても最高です。

また脂が乗っている鯖特有のまろやかさも癖になります♪


そこで、この鯖にひと手間加えて、
さらに美味しく食べてみたいと思いませんか?

まず、大根とにんじんを千切りにして少々の塩でもみます。
しんなりとしてきたら、手で水分を絞り、合わせ酢を加えます。

合わせ酢は酒・酢・塩を適量混ぜ合わせて作って置きます。
そして、そこに細く切ったしめさばを加えて和えたら完成です。

とても簡単ですね!


紅白なますと言われるおめでたい時に最適な一品ですので、
お盆や正月、お誕生日などのお祝いの席などにもいいですよ!

その他にも、〆鯖を使った美味しい食べ方はたくさんあります。
ぜひ試してみてくださいね。

松山ケンイチさんも絶賛する青森の味覚!青森県産リンゴジュース 

 
青森県出身の俳優で松山ケンイチさんってご存知ですか?

松山ケンイチさんは、数々の映画に出演する若手実力派俳優です。
その松山ケンイチさんがあるTV番組に出演していました。

その際、青森のお薦め食材を紹介していたのですが、
一番はなんとりんごジュースでした。

その時紹介していたりんごジュースは青森県産のリンゴを
使ったもので、濃縮還元ではなく絞りたてのストレート果汁を
使用したものだったのです。
同じ製法の搾りたてリンゴジュース


こちらもストレート果汁を使用してますので、
りんごの甘みが口いっぱいに広がりとても美味しいです。

この甘みと酸味の絶妙なバランスは、7年の歳月をかけてつくられたもので、
「ふじ」と「王林」という品種のブランドで作られています。

特にふじは、世界全体を通しても55%も生産されているほど人気があります。


ちなみに、リンゴには生活習慣病やダイエットに
効果のある栄養素が多く含まれています。

毎日ゴクゴク飲めますので、手軽にダイエットができるかもしれませんね♪

下関 みもすそ川別館の粒ウニを超える絶品のうに丼 

 
某テレビ番組で紹介されて一躍有名となった山口県下関市にある

みもすそ川別館では、近海で採れたウニを使用した粒うにを

お客様へのおもてなしとして提供しています。


この下関は荒波で有名ですが、

この荒波で生育したウニは、身も引き締まり一口食べた瞬間に、

その美味しさに驚きと感動を味わうと言います。


しかし、このように激しい荒波によって育てられているウニは、

この下関近海だけではなく、東北地方などの沿岸に見られる三陸海岸でも

寒流と暖流が混じりあう最高の漁場として有名なのです。


というのも、この海峡は寒暖の海流が混ざり合うことで、

様々な動植物プランクトンが生息し最高品質の珪藻類が繁殖しており、

ここに生息している生き物は最良の環境の中で育っています。


そして、なんといってもこの海域で採ることができる

キタムラサキウニとエゾバフンウニの美味しさは、

一度食べると箸が止まらないくらいの旨さなのです。


しかもこの三陸海岸では、このウニを使った贅沢な料理のレシピとして、

少しお酢の効いた白飯に採れたてのウニをぶっかけて食べるウニ丼が有名です。

まさに究極のどんぶりものですね♪
北三陸産 こだわりの粒うに

大粒でプチプチ!新鮮なイクラを使っていくら丼はいかがですか? 

 
いくら丼って世界各国で食べられているんですね。

日本なら北海道や銚子、境港など漁港の町がいくら丼で有名だったりしますね。
タイのバンコクでもいくら丼があるというから驚きです。

ぜひバンコクのいくら丼を食べてみたいものです♪


でもバンコクもいいですが、
やはり1番のお勧めは津軽海峡で水揚げされたイクラです。

大粒でプッチプチ!
暖流と寒流がぶつかり合い、脂の乗った美味しい鮭が獲れるんです!

しかも大間のマグロ同様、津軽海峡で獲れる魚は脂の乗りはもちろん、
身の締まりが一級品です。
津軽海峡産の完熟イクラしょうゆ漬け

今日は我が家でもいくら丼にします♪

月別アーカイブ 
 
当ブログについて 
当ブログでは、産地直送のこだわりグルメ情報をお届けしています。お魚のさばき方、料理方法、調理レシピなど、毎日の生活に役立つ情報も公開していますので、ぜひ参考になさってみてください。
その他お問い合わせやご質問につきましては、下記フォームよりお気軽にご連絡くださいませ。
お問い合わせやご質問はこちらから
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。