スポンサーサイト 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

しめサバの作り方 美味しいしめ鯖を作るコツを大公開! 

 
以前、しめサバの美味しい作り方が、テレビ番組「ためしてガッテン」で
特集されていました。

ある意外なものを使うだけで簡単に美味しいしめ鯖が作れるというものです。

これは、ぜひ試してみたいですね。


そこで、まずは鯖を三枚におろしますが、今ではスーパーや魚屋さんでも
頼むとさばいてくれるので助かりますね。

もし、自分でさばく際は鮮度が良いかどうかも気をつけてください。

また、捌いている最中に身が割れるようであれば、
それは鮮度が落ちている証拠です。

身が割れている場合は、生ではなく塩焼きなど加熱してからにしてください。


捌き終えた身は、骨をしっかりと取ります。
骨を抜き終えたら、鯖の身に塩をまんべんなく振りかけます。

塩は表面が塩で白くなるくらい振りましょう。
塩をかけたら室温で2時間放置します。

冷蔵庫に入れると塩のまわりが遅くなるため、なるべく常温で行います。
時間が経ったら、次は先ほど振った塩を酢でゆすり洗いをします。

このとき塩を洗い流す際に使った酢は再利用できるので
残しておいてくださいね。


背骨にある骨も丁寧に全て抜きます。
皮も頭が付いていた方向から尾がある方へ剥きます。

あとは、酢の中に鯖を入れて15分ほど冷蔵庫で漬けこみます。
漬け終えたら、キッチンペーパーで酢をふきとり食べる分だけ切れば完成です。


ちなみに、「ためしてガッテン」では、塩の代わりに砂糖を使うという方法でした。

なぜ、砂糖を使うかというと、塩を使う場合は予想以上に
塩が水分を吸収してしまったり、塩辛くなってしまったりするためです。

そこで、砂糖を使うと、程良く水分しか吸収しないため、
より美味しくなるという訳です。


ただ、新鮮なさばというのは滅多に手に入らないものです。

「さばの生き腐れ」と言われるほど鯖は痛みやすい魚になります。
ですので、よほど獲れたてのものでなければ生では食べることができません。

そんな方には、このしめ鯖をお勧めします。
ありえないほど脂が乗っていて、大トロのように美味しいですよ。

コメントの投稿

 
非公開コメント

月別アーカイブ 
 
当ブログについて 
当ブログでは、産地直送のこだわりグルメ情報をお届けしています。お魚のさばき方、料理方法、調理レシピなど、毎日の生活に役立つ情報も公開していますので、ぜひ参考になさってみてください。
その他お問い合わせやご質問につきましては、下記フォームよりお気軽にご連絡くださいませ。
お問い合わせやご質問はこちらから
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。