スポンサーサイト 

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ : スポンサー広告
--------(--)

キタムラサキウニとムラサキウニの違い 

 
キタムラサキウニとムラサキウニの違いをご存知ですか?

まず、ムラサキウニとは、外側の殻の部分が紫色をしているため
ムラサキウニといいます。

キタムラサキウニと外見は似ていますが、紫色で棘がつやつやしています。


ただ、ウニの中では旨味が少ないと言われています。

生息地としては、日本海側では青森県よりも南、
太平洋側では茨城県より南で獲れ、台湾や中国東南部にも生息しています。



次にキタムラサキウニです。

見た目は、ムラサキウニとほとんど同じですが、こちらの方が棘が長く
表面がザラザラしています。

また、味は旨味があり、淡くあっさりとしています。


ちなみに、濃いオレンジ色をしたエゾバフンウニを「赤」
キタムラサキウニは「白」と呼ばれることが多いですね。

せっかくなので今日は両方を食べ比べしてみます♪

コメントの投稿

 
非公開コメント

月別アーカイブ 
 
当ブログについて 
当ブログでは、産地直送のこだわりグルメ情報をお届けしています。お魚のさばき方、料理方法、調理レシピなど、毎日の生活に役立つ情報も公開していますので、ぜひ参考になさってみてください。
その他お問い合わせやご質問につきましては、下記フォームよりお気軽にご連絡くださいませ。
お問い合わせやご質問はこちらから
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。